2020.04.03 NEWS

1000人が回答!「キャリアと転職」に関する意識調査を実施
氷河期世代の積極採用に動く総合物流企業山九株式会社の特集記事を掲載

日経HR(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:篠原昇司)は2020年1月下旬から2月下旬にかけて、総合型転職サイト「日経キャリアNET」の登録会員を対象に「キャリアと転職」に関する意識調査を実施し、1076名から回答を得ました。

政府が正社員化の支援に乗り出し、国や自治体で実施した採用に応募が殺到するなど、その動向が注目を集め始めた「氷河期世代」。今回の調査では、その氷河期世代をクローズアップし、新卒時の就職活動の満足度、現在の仕事の満足度をはじめ、新卒時の雇用形態の割合などを、「バブル世代」「ゆとり世代」を加えた3世代で比較した結果を交えながら詳細にお伝えしています。

また、政府が推進する就職氷河期世代向け就労支援にいち早く賛同、2022年までに氷河期世代限定300人の雇用を  目指す総合物流企業山九株式会社の人事部部長インタビュー記事も併せてご覧いただけます。

 

<< 主な調査内容>> 

 

1.「非正規で働いた経験」の有無
~氷河期世代の「46.1%」が3世代で最多

【図表1】
1.png

 

2.「現在の仕事」「新卒時の就職活動」の満足度
~氷河期世代、新卒就職活動は「非常に不満」が23.6%

【図表2】
2.png

 

3.将来に一番不安に感じていること
~氷河期世代は「働けなくなることへの不安」が3世代で最多

【図表3】
3.png

 

4.政府の「氷河期世代」向け就職支援策への評価
~氷河期世代「大いに評価する」は17.6%にとどまる

【図表4】
4.png

 

詳細レポートは、プレスリリース.pdfをご参照ください。
なお、2020年3月14日(土)付け「NIKKEI STYLE」にも掲載されました。

※氷河期世代積極採用を実施する総合物流の山九株式会社人事部部長インタビューはこちら

 

【調査概要】
調査対象:「日経キャリアNET」登録会員(24~55歳)
調査期間:2020年1月下旬~2月下旬
調査方法:メールにて依頼し、Webサイトで回答
回答者数:1076人

 

【お問い合わせ】
このリリースの内容に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。