2019.08.23 RELEASE

外国人材の定着を支援する研修開始
ワークショップで体感しながら学ぶ

 

 日経HR(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:篠原昇司)は外国人材向け研修事業を9月から始めます。同研修は日本企業への内定者から入社1~3年目程度までの若手社員までを対象に、日本企業への定着を目的に社内でのコミュニケーションや日本企業での働き方、日本人社員の仕事への考え方などの理解を深めるプログラム内容です。日経HRはこれまでアジア9カ国の大学生を対象にした日本企業への就職プログラム「NIKKEI ASIAN RECRUITING FORUM in 東京」を開催してきましたが、採用活動だけでなく定着でも日本企業を支援し、日本企業のグローバル化を応援します。

 

【外国人材向け研修プログラム】

日本で働くためのビジネス講座

講師/エンピ・カンデル(UNIBIRD株式会社 代表取締役)

受講費用/35,000円/名(税別) 対象/内定者~入社1年目

開催日/2019年9月19日(木)10時から17時(研修期間1日)

外国籍社員がより一層活躍できるように、日本の商慣習やビジネスマナーについての理解を促進し、組織の一員になるために必要なコミュニケーションスキルの習得を目的としています。外国籍社員が遭遇しそうなケースを取り入れたグループワークで学びます。

 

社会人基礎力UPワークショップ

講師/石川 陽子(株式会社aileron代表取締役)

受講費用/35,000円/名(税別) 対象/内定者~入社1年目

開催日/2019年10月10日(木)10時から17時(研修期間1日)

学習者自身がワークショップを通じて社会人基礎力として必要な「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」を理解します。自分自身の課題に気づき、ワークショップを通じてチームで課題を解決。個とチームで考えることに慣れ、相手に配慮するコミュニケーション力を養成する研修です。

 

4in1ビジネスコミュニケーション ケース学習ワークショップ

講師/金 孝卿(早稲田大学日本語教育研究センター 准教授)

 

受講費用/170,000円/名(税別) 対象/入社1~3年目

開催日/2019年9月30日(月)、10月28日(月)、11月18日(月)、12月16日(月)14時から17時(研修期間/1日×4回)

本研修は1カ月1回の計4回で修了(4in1)します。参加者は集合研修終了後、集合研修で見つけた課題克服方法を職場で実践しながら、ビジネスコミュニケーションを積み上げて定着させることができます。外国籍社員が職場でどんな悩みを抱えているのか、上司や同僚との関係は円滑なのかなどをまとめた報告書を管理者に提出します。

※対象はあくまでも目安です。

 

【企画概要】

 日経HRは2013年からアジア各国の有力大学との連携により、海外現地トップクラスの学生を東京で開催する面接会へ招待し、これまでに多くの外国人材と日本企業のマッチングサービス「NARF(NIKKEI ASIAN RECRUITING FORUM日経アジアリクルーティングフォーラム)」を開催してきました。他にも海外で行う面接会や日本で学ぶ留学生向け就職サービスを展開。「日本で働きたい」「グローバルに活躍したい」と考える様々な国の学生を支援しています。

 このたびNARFで得ることができた経験を生かして外国人材が早く職場に溶け込み、戦力として活躍できるように成長し、組織へ定着できるための研修を開発しました。日本人社員とのビジネスコミュニケーションを円滑にするための「4in1ビジネスコミュニケーション ケース学習ワークショップ」、ビジネスマナーから日本の商習慣までを学ぶ「日本で働くためのビジネス講座」、経済産業省が定義した社会人基礎力について学びながら日本での働き方を身につける「社会人基礎力UPワークショップ」を用意しました。

 採用はしたけれど、外国人材向けの研修制度がない、職場でトラブルが起きている、日本企業での働き方を理解してほしい、などといったお悩みを抱えている企業様は、ぜひ外国人材向けの研修をお考えください。特に外国人材の少ない職場では、誰にも相談できずにいる社員がいます。本研修はグループワークを中心とした公開研修です。同じような立場の外国人材が集まり、悩みや課題を共有することによって問題解決につながります。

 

【詳細・お申し込み】

■詳細・研修のお申し込みは、以下からお願いします。

 

リサイズ)研修写真1と2.jpg

 

お問い合わせ】

このリリースの内容に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。