日経キャリアマガジン
50歳から考えるお金と仕事2017

【内容】

■50代・60代調査で判明 目指すセカンドステージの理想・不安・現実

「定年」の文字がちらつき始め、脳裏に不安がよぎる50代。
仕事は? 収入は? 理想の生活は?
60代調査の結果から現実を把握し、
時代に合ったセカンドステージを送るヒントを探ります。


■人生100年時代のお金

人生100年時代を生き抜くには、
今の50代が定年までにやることが多々あります。
将来の3大リスク「教育費」「住宅ローン」「イベント」を解説します。


■どう生きる? ネクストステージの見つけ方

50代に入ると、そろそろ定年後の生活が気になるもの。
働き慣れた会社で再雇用されるのが一般的ですが、本当にそれがベストでしょうか?
固定観念を捨て、次のステージを探す方法を考えます。


【ハウツー編1 働き方】定年前から始める再就職10の戦略

やりがいのあるセカンドキャリアを歩むには、
早い時期から定年後の仕事について考えることが大切です。
60歳以降の働き方には、「継続雇用」「再就職」「NPO」「U・Iターン」などさまざま。
この先どんな働き方をしたいか、可能性を広げて考えてみてください。


■70歳が現役で働く時代へ

今後は65 歳以降も働く人が増えると予想されます。
今年57歳の人が70歳となる2030年には、日本の人口の30%以上が60歳以上。
そのころ、働き方はどのように変わっているでしょうか。


■シニア社員活用 本気の会社はここが違う

シニア社員雇用に積極的な企業例を見ながら、
60代以降の社員がイキイキと働くポイントに迫ります。


【ハウツー編2 生活設計】50歳からの資産運用の基礎知識

老後のライフプランをベースにした家計資産の運用を。
知っておくべき金融商品の基礎知識や、ローリスクで資産を増やす術を解説します。


【ハウツー編3 生活設計】生活費を見直す基礎知識

定年退職後の収入減への対処方法として、避けられない家計の見直し。
家計の使途不明金の洗い出し、通信費・光熱費の点検、
生命保険・住宅ローンの見直し等、支出を減らす方法を解説します。


【ハウツー編4 暮らし方】親の問題に備える基礎知識

自分と親、義親のコミュニケーションはとれていますか。
将来の介護や相続、実家のたたみ方など話し合っておくべきテーマは多いもの。
押さえておくべきポイントを指南します。


■退職前後にあわてない 再雇用、税金、健康保険、失業保険、年金

退職前、退職後に必要な手続き一式をまとめました。
いつ、どこで、どんな手続きが必要か、事前に夫婦で確認しましょう。


  • 定価本体926円+税
  • 発売日2017年5月26日
  • ページ数136ページ
  • ISBN978-4-532-69206-3